御礼

あっというまに、大晦日。
そんな感じの一年でした。
料理イベントで、子供たちと桧のころで遊ぶ、キッコロ教室
(国産木材の普及活動)をしたり。
古材の勉強に愛媛に行き、そして、明石木材さんと提携し、
兵庫における古材の流通にも取り組みました。
全国の古材の活用に取り組む工務店と、東京で意見交換会にも参加。
政府の提唱する200年住宅構想を見据え、
これからのことよりも、その前に、今あるストックとしての古民家を継承する
NPOの設立にも、個人として参加しました。
また、新潟の勉強会に出向き、無垢の木材(ほんまもんの厚い木)の力を再確認。
呼吸する材料が、住む人にとってどんなに快適な環境をもたらすのかを学びました。
経て、2009年は
「街の中にも、住まいにも、ゆっくり、ほっこり木の在るくらし」
をご提案していきます。
本年もご愛顧ありがとうございました。
そして、2009年もよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 小さくて、そして低くて。

  2. 人、営為、原風景、その立脚点としての土地雑感。

  3. 植木に名札をつけましょう。

  4. 「ヘアマニキュア」と「ウレタン塗装」

  5. 木の家を群としてつくる。

  6. みんな、木の家が好き。

施工例一覧