完成という名の始まり


先週の日曜日、少し前に完成した「お花教室と茶室のある家」ことMさんのお住まいへお伺い。
リフォーム費用の精算に訪れたのですが、今後の教室利用の展望なども拝聴。
主催他催問わず、綺麗に仕上がったお部屋と、お花や茶道というナイスコンテンツを活かしましょうというお話しに。
当店プロデュース、あるいはコラボで楽しいを演出したいと考えています。乞うご期待。
完成してお引き渡しをするのは嬉しい反面、娘を嫁に出す気分で、実は四代目的には寂しいのです。
けれど、離れても娘は娘。
愛し愛されて育って欲しい。
今後も、そのお手伝いができれば建築屋冥利に尽きるというものです。

軒先にあった、さるすべりの樹。手違いで枝を伐ってしまったのですが、玄関の手摺にすることをご提案。失敗から学ぶこともしばしばです。残された幹から、新芽が育っているのを見て、自然の恩恵を賜った気分。
そして、最近は、写真にも映っている、角がきちっと出たスクエアなスイッチ&コンセントプレートをご提案しています。
優しい素材感のインテリアにあって、キュッと室内を引き締めてくれる大事なデザインファクターです。
竣工写真は後日アップします!

関連記事

  1. 春めいて。真希さんとこの場合2。

  2. ロックンロール!石のある風景。

  3. 素材を大切にする

  4. 穏やかに春を。真希さんとこの場合。

  5. 竹、七変化。

  6. お花教室と茶室のある家

施工例一覧