みんなに、やさしい、(冷)暖房

昨年秋、東京で行われた、ジャパンホームショー。
そのとき、ひときわ興味を持ったのが、温度と湿度の専門企業「ピーエス工業」。
詳細はピーエス工業HPから!
このシステムの採用で、かつてない気持ちよさの、冷暖房設備をご提案できるのです。
一度来店してもらって打ち合わせ後、こちらからも大阪支店に、おじゃましてきました。
ここのオフィス自体が、オリジナルのピーエスシステムでの冷暖房を取り入れています。
※テナントビルなので、元々のエアコンはあるのですが、使っていないそうです。
この、縦格子が、そうです。中に入っている水を、温めたり、冷ましたり。
見る角度により、町屋の格子のように、柔らかく視線を絶つので、LDKなどの
簡易間仕切としても、あるいは、オープン階段の手摺壁としても代用できます。

ちいさなお部屋用に、こんなかわいらしいデザインのものも。
タオルをかけたり、使い勝手もアイデア次第。色も自由に選べます。

ポイントは「春のような心地よさ」であるということ

冬、室内を夏に。夏、室内を冬に。というのではありません。
いわゆる、じんわり気持ちいい「輻射熱」なのですが、
たとえば、冬、その熱源であるお湯の温度をあえて、30度に設定。
さわっても、そのぬくさがわからないくらい。それでも、室内はあったかいという。
例えば、温水式床暖房の場合、60度の温水で暖めます。
それでも、電気式床暖房より温度が低いといわれていますから、30度とは!?
結果、部屋の温度差がほとんどなく、快適で、
無垢の木の床などに熱が移り、部屋がじんわり蓄熱されていきます。
そして、その低温設定により、オイルヒーターのようにヒーターの容量が大きく
ありませんので、電気代も抑えることができます。
その歴史は、古く、札幌オリンピックの選手村に採用されたとか。
製造に必要な専用の機械を北欧から購入。全て国内生産でこしらえています。
逆にいうと、日本国内では、ピーエス独自のオリジナル工法ということになる訳です。
今冬中に、大塚工務店5階ショールームに設置予定です。
是非、ご体感ください。

↓クリーンな設備なので、無垢材とも相性ピタリ。
↓切株チェアー。大塚工務店でも試作しようかと。

もうひとつのおすすめ暖房「蓄熱式暖房器」これは、大好評に付き、
その裾野を広げようと、モデルハウスに設置予定。こちらもご期待ください。
蓄熱式暖房器詳細はこちらから!

関連記事

  1. 鹿児島シンケンさんツアー③

  2. 鹿児島シンケンさんツアー④

  3. 名建築を巡る出張その壱

  4. 北山林業②マルタダラケ

  5. 北山林業③今をみきわめ、これからを探る

  6. 北山林業①北山杉のさとへ

施工例一覧