蜘蛛の巣ハイウェイ

雲のいと
葉と葉をわたす
その道を
綱渡りする
蟻の列
せっかく仕込んだ蜘蛛の巣を、器用に渡る蟻さんの列がありました。
盛りを過ぎた紫陽花の上での光景。
おひとよしの蜘蛛の仕業か、はたまた蟻がKYなのか。
そんな無想とは、別の世界で、青空を背景に、
今日も橋はかけられる。雲の糸によって。

関連記事

  1. ふるさとの景色。

  2. 大切なことは、木の家が教えてくれる。

  3. みんなで、市場をつくり共有する。

  4. 迎春

  5. 経営勉強会に参加。

  6. 父母も、その父母も木の家で暮らした。

施工例一覧