古民家鑑定士インストラクターとして。

6月5日は環境の日でした。
そんな環境意識の高まりもあり、大切な財産である古民家をちゃんと評価する
【古民家鑑定士】という資格が今、注目されています。
この6月全国一斉講習&試験「第六回 古民家鑑定士認定試験」が開催されます。
四代目も参加している200年住宅再生ネットワーク機構が、主催の財団法人職業技能振興会より委託運営をされています。
兵庫県でも、6月27日(日)に、三宮にある神戸市民福祉交流センターにて【第六回■古民家鑑定士認定試験】が行なわれます。
四代目は、この神戸会場の講師を勤めます。
『今、学んでみたい資格・検定200』にも掲載され、改めて古民家とその存在をちゃんと評価することの重要性に、気付かされます。
厚生労働省認可 財団法人職業技能振興会の資格で、たいせつな財産である古民家を知ることから始まるこの資格試験です。
古民家を通して環境のことを考える。
詳しくは、財団法人職業技能振興会HPで。
http://www.shokugyou-ginou.org/

関連記事

  1. みんな、木の家が好き。

  2. 間があきました

  3. もっと近くに。もっと近くで。

  4. 木の家を群としてつくる。

  5. 蜘蛛の巣ハイウェイ

  6. 経営勉強会に参加。

施工例一覧