秋の木育体験講座’15

2015年、秋の木育体験講座は「親子で杉の木でミニカーをつくろう」。
まずは、木の家の端材を使って、夜なべして下ごしらえした材料をご説明。


杉の本体、堅木の丸棒(手すりをカットした)のタイヤ、竹ヒゴの軸。紙やすりで自分好みに仕上げます。

材料は全て木材、自然素材。

まずは、紙やすりで角を削って…
表面も削って…

ほっぺたにあてて、痛くないくらいツルツルになったら…

タイヤをはめこみまーす。本体に貫通する軸にはボンド塗っちゃだめだよ(笑)

完成!まあまあの低重心です(笑)敷居の道路で渋滞中だそうです。
会場の博美園は、地域と繋がるまちの縁側として、住文化を伝える大塚工務店のギャラリーとして、広くまちに解放しています。また、100年近い築年数を持つ民家でもありますので、赤味を増した木肌など素材の経年変化の味、風が吹き抜ける土間としての通り庭の存在、北側の中庭の緑など、本来の町家の持つ特性もお話しをしました。
以下、白黒ヴィンテージダイジェスト!

関連記事

  1. 組み木を知る(前編)

  2. 2010秋の木育(もくいく)①

  3. 木育体験講座’16

  4. 木育ふりかえり 木の家現場でワークショップ①

  5. 「木育」集大成!こどもフェスティバルにて &総括

  6. 木育ふりかえり 木の家現場でワークショップ③

施工例一覧