僕の家、パワースポット。

どんなに、素晴らしい仕事を残しても、知ってもらわなければ、木の家つくりはつづかない。出会えてよかった、やっと会えたね。そんな機会に恵まれますようにと、できるだけわかりやすく、写真と言葉で、想いを発信することにしました。

 

多忙を言い訳にすることになく、伝えることに挑戦します。四代目日記、再開です!

 

 

①パッシブデザインを駆使した、(風景を含む)外を取り込む技術力。

②大工さんが大好きな社長がいる、大工内製化を図る地域工務店の在り方。

③こどもたちの原風景をつくる、という理念。

 

こんな私たちらしさを、知り得てもらえる表現は如何に。

 

手から手へ、関わる人たちの力と、窓の外から来る豊かさを、集結させた木の家をつくっています。という誇りを込めて。

 

木の家にこどもたちが、こんな風に想ってくれていたとしたら、おじさんは素直に嬉しい。

 

「僕の家、パワースポット。」

 

#木の家リレー (こども編)

関連記事

  1. 人、営為、原風景、その立脚点としての土地雑感。

  2. 夏のごあいさつ

  3. 風土と暮らす木の家をSNSで。

  4. ブラタモリ的な緑の土手を借景に。

  5. その家は美しいか。

  6. 老舗工務店として、焼杉を使いつづける理由

施工例一覧