その家は美しいか。

高温多湿の気候が醸し出す、
素直さ溢れる日本の木の家は、
しなやかで、
雨風を受け止めるような耐久性を備え、
太陽の下で黄金色に輝き、
風と共に灰褐色に沈む。

風土と暮らすことを、ちょっと真面目に。

風土と馴染むつくり方を、生真面目に。

関連記事

  1. 小さくて、そして低くて。

  2. 蜘蛛の巣ハイウェイ

  3. 多忙につき。

  4. 朝、起きたら雪が…

  5. 古民家鑑定士インストラクターとして。

  6. 残暑お見舞い申し上げます。

施工例一覧