ブラタモリ的な緑の土手を借景に。

先週末は、地元明石で建前でした。

いつものように、この日だけの抜ける空と、故郷を感じながらのピクニック。建前の日のランチを、住まい手さんと大工衆みんなで囲みます。できたての木の架構の下で、仕上がりに感じ入りながら。

季節の変わり目だからなのか、狐の嫁入りがつづきますが、雨をかわしながらの屋根仕舞いがつづきます。土手のような緑地帯を望む角地は、土地探しからご一緒した末にの賜物。小さくても、抜けて緑の借景がある、そんな豊かな土地で大工工事スタートです。

建築する立場から、土地探しを協働しています。

関連記事

  1. 人、営為、原風景、その立脚点としての土地雑感。

  2. 2020.1.17 あれから四半世紀。

  3. 残暑お見舞い申し上げます。

  4. もっと近くに。もっと近くで。

  5. エコだめし

  6. 木の家コラム 電気工具編

施工例一覧