花とコンクリート。

当店では、型枠も専属大工が立てる。そう木の家を建てる大工さんが、基礎からつくっている。

その平屋計画の隣には桜の庭があって。借景の的にさせて頂いている。今日は基礎のコンクリートを打つ日。散り際の花びらが、土間を押さえる左官コテの近くに舞い降りる。

「桜の押し花やな」厳しい目で毎日の工事を見守るお父さんの深いシワが、今日だけは少し穏やかに見えた。春とは本来、風流なものなのだ。

諸々気をつけながら、木の家つくり、重ねています。

関連記事

  1. 老舗工務店として、焼杉を使いつづける理由

  2. ちょっと、イメージチェンジしました。

  3. 迎春

  4. 【満員御礼】暮らしの見学会「細目格子の家」(神戸市垂水区塩屋)〜おひさ…

  5. 歯医者さんをキレイに。

  6. 自然の恵みと摂理に感謝して。

施工例一覧