工夫の作法『踊る!トイレット』


踊っているように見えたのは、その腕が、阿波や琉球のそれのように
高く掲げられているからだと思うのです。
その正体は、ナショナルのアーム付トイレ。
ソファでいうところの肘掛けがついているのです。
そんなん余分やとか馬鹿にしてたのですが、座ってみてその気持ちは一変。
すごく体が安定します。少しの時間、されど、毎日その少しを過ごす時間を快適に。
これを僕らは「極上の日常」とよんでいます。
トイレなどの住宅設備は、各メーカーが日進月歩で開発しています。
工夫して、大工が造り付けることは、もちろんのこと、たくさんの既製品の中から
ひとつを選んで採用するのも、たいせつなこと。
楽しくておもしろいもの
使いやすくてお求め安いもの
長く使えるスタンダードになり得るもの
それぞれに、「オススメ」を探して日々、目を光らせること
これも大事なお仕事のひとつなのです。
おしつけでなく「こんなのないかしら」に答えられるように。
奥に見えるクネクネ手すりは、人間工学にもとづいた形状。
L型手すりの代替品。カクカクばかりじゃつまんない
そんな方にもオススメの隠れた銘品です。

関連記事

  1. 繋がる机

  2. 住宅の長寿命化講習会

  3. 工夫の作法 『アタリマエを考える』

  4. 工夫の作法 『ものづくりの系譜』

  5. 夏といえば

  6. 工夫の作法『カウンターマジック』

施工例一覧