太陽光発電の行方

太陽光発電の普及に、国が本腰を入れるようです。
クリーンエネルギーという、その理念とは、ウラハラに、
光熱費の換算システムが、ネックといえば、ネックになっていました。
家庭で発電した電気の過剰分を、電力会社さんに売る(買い取ってくれる)
ことができるのですが、
その単価が、通常私たちが買う(払う)電気代の単価と、あまり変わらないのです。
完全なボランティアは負担が大きいので、フェアトレードのように、
健全で穏やかなくらしの中に、地球にイイコトをとり入れていきたい。
という側面でいうと、少し難しい部分がありました。
「その買取単価を、制限付ですが、2倍に引き上げる」ことで、
初期費用が、ペイ出来る換算がしやすくなり、太陽光を導入する裾野が広がるだろうと。
詳細はこれからのようですが、未来ヘの、ひとつの指針になるかも知れませんね。
→制度の詳細は、ニュース記事から。
ただ、現在の標準的な太陽光設置のケースでは、家庭内に必要な電気を
発電するのに精いっぱいで、余剰として売る量は、そんなに多くありません。
そのあたりは、メーカーさんが、より効率のいい発電システムを、順次開発中です。
これらハードと、その制度としてソフトの相乗効果に期待しましょう。
→例えば、パナソニックの太陽光発電。
→例えば、シャープの太陽光発電。

関連記事

  1. 住宅版エコポイント積極採用中!

  2. 雨の季節を愉(たの)しむ2011

  3. 補助金のはなし「話題の住宅エコポイントも!」

  4. 雨でうるおう暮らし、はじめませんか。

  5. 雨の季節を愉(たの)しむ2010

  6. 補助金のこと、補足

施工例一覧