少し西へ。

夏季休暇に、久々に姫路へ行ってきました。
設計事務所時代に通いなれた街です。が、駅構内は大きく様変わり。馴染みのお店もどこへやら。
大改修真っ盛りの姫路城を中心に、ドライブしながらの夏の一日。
仮設の建物から、お城を正対して見れます。

フェンスには、左官やさんなど職人さんのシルエットが。

光と影。

つづく白壁。

見上げれば、養生。

文学館では、魔女の宅急便展を。

そして、書写山へ。




一度、秋に訪れたことがありましたが、ひぐらしの鳴く頃、晩夏の山頂もなかなか。
清水様式の本堂は力強く。

関連記事

  1. [side-B]四代目、一月のプライベイト(2)

  2. チキンバンバン

  3. [side-B]天の川をわたれば。

  4. 夏の香り

  5. [side-B]その靴、27cm。

  6. [side-B]あまからアベニュー

施工例一覧