庭に土を。

暖かった先週末は植樹日和。木の家の緑について、ミニマムな予算でもそれに応えてくれるのが、リビングソイル研究所の西山さん。冬の庭つくりは、樹木も葉を落として少し淋しいですが、彩りがあると有り難いですね。

既存の裏山は、これから徐々に若い樹々を表に移動したりして、編集。住まい手自ら、山を蘇えらせることができる端緒とします。山には、日本のジューンベリーと呼ばれるザイフリボクなど、貴重な自生種も生存を確認。元の雑木林を復原するイメージを、住まい手さんと共有しています。

無塗装の濡れ縁と木柵は、次第に灰褐色と呼ばれる色に変化していきます。その色はまさに、今日植えた樹の幹のようで。人呼んで、シルバーグレーが重なる景色が楽しみだったりするのです。

庭に土を。山採りの樹を植えよう。苗木でもいい、どんぐりを蒔いてもいい。里山付住宅の世界。街中でもできるよ。一坪里山のある街角をつくろう。

関連記事

  1. コラム!

  2. そのとき、地震は確かにあった。

  3. 木の家コラム 電気工具編

  4. みんな、木の家が好き。

  5. 家つくりを百年重ねたら、杉の厚床に辿り着いた。

  6. 人為を積み重ねて。

施工例一覧