動画で学ぼう!左官材

動画でご紹介するのは、中霧島壁という名の
内装左官材。その解説をしています。

舞台は、前回公開したルームツアー動画も
好評のフルマークハウスさんのモデルです。

大塚工務店の外壁の定番としては、

鋼板
板壁
左官

の三本柱ですが、左官をご希望の場合は
そとん壁という塗壁しか提案していません。

その理由は、

美しく、割れが少ない状態が長期に
保たれるからに他なりません。

それ故に、塗るタイルだと話しています。

よく誤解されやすいのですが、これは
火山灰ではありません。

火山が噴火した時のマグマ、すなわち
超高温で熱せられて堆積した層ね土を
塗っています。

だから、ぼくらは「塗るタイル」
と呼んでいます。

顕微鏡でみると、超多孔質な粒子で
できていて、この事が、内装で
使った際にも、調湿など室内環境に
求められる性能に力を発揮するのです。

一方、普段の内壁はというと、
その下地材となる石膏ボードの持つ
調湿性能を失わないように、絶対に
ビニール(クロス)で蓋はしません。

その代わりに、土佐から和紙を仕入れて
貼っています。これなら、石膏の息を
止めないからです。

また、艶消しの質感も素敵で、
ツルツルピカの材料と違い、
静電気も帯びない為、埃も呼びません。

もう一声、そんな時に、
プラスアルファの力を発揮するのが、
そとん壁と同じルーツを持つ
中霧島壁なのです。

囲炉裏と薪ストーブのある
モデルルームにも塗っていますので、
また、暑い夏の湿度の違いを
体感しに来てくださいね。

関連記事

  1. 地域工務店ミーティング

  2. 家づくりを重ねて。

  3. 三代目的『木育』活動が新聞に!

  4. これからの住宅・建築MAPs 「美しい住まいの外観」特集に掲載!

  5. 家づくり白書

  6. 動画で学ぼう!焼杉と木の家

施工例一覧