居は気をうつす

松下幸之助さんのやさしくて、力強いことばをご紹介しましょう。
昭和41年の手記ですので、少々ことばがたつところもありますが、
理念としては、素晴らしきかな
「住まいは人間形成の道場」
孟子のことばに “居は気をうつす” というのがあるそうだ。
つまり、住まいというものは、そこには住む人の心を変化させ、
一つの性格を形づくる力をもっているという意味である。
たしかにお互い人間は、幼いときからの日々の生活習慣を通じて、
いろいろと物事を学んでいく。あるいは感化を受けていく。
その生活環境の中心が住まいであって、だから住まいというものは
人間形成に大きな影響を与えるものだと思うのである。
したがって、私は住まいというものを、単に雨露がしのげ、
心身の置きどころになればよいと考えるのではなく、さらに進んで、
人間を練り鍛える道場、人格の成長をはかる場所という観点から
これを重視するとともに、細心の注意をもって住まいづくりを
心がけなければならないと思っている。
昭和四十一年十月九日
松下幸之助

関連記事

  1. 始動。

  2. 造園日和

  3. 古い家を、綺麗になおして住む。

  4. 【満員御礼】暮らしの見学会「細目格子の家」(神戸市垂水区塩屋)〜おひさ…

  5. 父母も、その父母も木の家で暮らした。

  6. 朝、起きたら雪が…

施工例一覧