木になる秋

仕事で使っている木の鞄。
高知は馬路村発、土佐杉で出来ています。
ちゃんとデザインして、地産を高みにまで昇華する、そんなプロダクトです。
持ち運べる木。
置けば、そこから森のイメージが喚起。
なんとか大使みたいに日本の木の気持ちを伝え歩く。
数年来の酷使に、ヴィンテージ感が過ぎてきたので、この秋、二代目を新調。
初代くん、つづきは部屋の楽しいインテリアになってね。


旧→新

ちっちゃいのも。

関連記事

  1. その指標としての「木視率」

  2. 木心地(きごこち)を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

施工例一覧