時がつながるのが家族。つなげるのは木の家。

木の家がつなぐ、生命のリレー。

 

幼い頃、みんなで川の字になって寝た。

こっそり、ママと手を繋いだ。

 

幼い頃、パパと一緒にお風呂に入った。

一人だと寂しいから。

 

大人になると、とぎれとぎれ、のように思うこともある。

けれども、家族の時間は繋がっている。

過ごした年月が紡いでくれる。

 

木の家が繋ぐ、家族の時。

木の家が紡ぐ、家族の時。

 

人、営為、原風景。 

人が住み暮らし、その営みが積み重なって、原風景となる。原風景、未来から過去を見晴らした時、その背景に木の家があって、家庭があって、家族の風景がある。

 

#木の家リレー (家族の時編)

関連記事

  1. 人、営為、原風景、その立脚点としての土地雑感。

  2. コクリコ坂から

  3. まわり道の選び方。

  4. 朝、起きたら雪が…

  5. ふるさとの景色。

  6. オレ、木の家育ち。

施工例一覧