造園日和

明石海峡をのぞむ家。春を待って、緑の仕事を。
造園家だけでなく、住まい手と一緒に、いつもの緑のワークショップを実施。

子は父母に寄り添い、
父母は造園家の声に耳を傾ける。
造園家は山採りの樹に語りかける。

山採りの樹と土が、それに応える。
樹と木の家の間が、大切です。

大工と造園家で庭をつくる。近くの山の木で家を建てたら、近くの山採りの樹を植える。近くの山の砕石を敷いたら、その土地の土が水を蓄える。地域固有の材料を地域の職人が仕上げる。

此度も、リビングソイル研究所と協働しました。

庭に土を。

関連記事

  1. 父母も、その父母も木の家で暮らした。

  2. 2020.1.17 あれから四半世紀。

  3. 三段でも階段。

  4. みんなで、市場をつくり共有する。

  5. 謹賀新年

  6. 朝、起きたら雪が…

施工例一覧