木育と、素材が教えてくれること

木育とは?
木育.JP
そして、森の力をちゃんと評価してきた北の国
「北海道」では木育も先導的なのです。
“木育ファミリー”
「均質なツルツルピカピカばかりではなく、
ちゃんと、硬かったり、柔らかかったりする。」
その方が子供たちも楽しいのでは。
素材のこと、こう考えています。
かっての民家は、木と紙と土で出来ていて
木は磨かれ、障子紙は張り替えられ、土は呼吸をしていました。
ちびっこ力士は、大黒柱で鉄砲を打ち、紙を破くと怒られました。
素材は教えてくれるのです。
お掃除のしやすさも考えて、全てを無垢材とする必要はないのかもしれません。
寝る子は育つといいますが、一日の1/3を寝て過ごす子供室や、主寝室。
そこにこそ、自然素材はふさわしいかと。
というわけで、その幾つかをピックアップ。
神戸発の国産木材/木童
世界の銘木も/木魂
淡路の漆喰/城かべ
艶消しの趣/土佐和紙壁紙クロスロード/高知
いつもまじめに畳のこと/畳ギャラリー燈心草/熊本
国産材にこだわる杉と桧の建具やさん/イマガワ/岡山
四代目の木育的課外活動はこちらから。

関連記事

  1. 木育体験講座’16

  2. 組み木を知る(前編)

  3. 木育(もくいく)活動のこれまでとこれから

  4. verywood for kids

  5. 2010夏の木育(もくいく)① 明石少年自然の家にて

  6. 2012夏休み木育終了!その2

施工例一覧